犬猫専門
HOME > 僧房弁閉鎖不全

僧房弁閉鎖不全

僧房弁閉鎖不全は年老いたワンちゃんが一番かかりやすい心臓病です。心臓は筋肉の塊でできていて、それ自体は拡がったり、縮んだりするだけです。

では、なぜ心臓は血液の流れをつくりだし、全身に血液を届けることができるのでしょうか。
それは心臓の中の構造が一本の通り道であり、さらに「弁」とういう、血液が逆戻りできないようにする構造がついているからです。 その通り道に横穴が開いて近道ができてしまったり、道が細くなって通りにくくなったり、弁がしっかり閉まらずに血液が逆戻りしてしまうようになると、心臓の血液を運ぶ機能に障害をきたします。
心臓は4つの部屋に分かれていて、右心房、右心室、左心房、左心室と名前がついています。
全身から帰ってきた血液はまず右心房に入り、右心室に移動してから肺動脈という血管を通って肺に流れ、肺を通ってきれいになった血液は左心房に入り、左心室に移動してから大動脈を通ってまた全身へと流れていきます。

左の心房と心室を分ける弁を「僧帽弁」と呼びます。この僧房弁がうまく閉まらなくなり、血液が左心室から左心房へ、さらには肺の方へと逆流してしまう状態が僧房弁閉鎖不全です。

僧房弁閉鎖不全にみられる症状・左心房の中の血液量が増えるので、左心房が膨らんでしまい、その裏側にある気管を押し上げることにより咳が出る
血液が全身に行きわたりにくくなるので、疲れやすくなる。
・肺から酸素が取り込めず、呼吸困難に陥り、食欲がなく落ち着かずに眠れない、ゼーゼーという苦しそうな呼吸をする、お座りをして首を伸ばす(犬座姿勢)などの症状がみられ、生命の危険にさらされます。

僧房弁閉鎖不全の診断聴診やレントゲン検査、心エコー検査になります。心臓の形の変化や、血液の流れの異常を見つけ出します。

僧房弁閉鎖不全の治療外科手術か内科療法になりますが、外科手術は高度な設備と技術が必要になるため、専門病院をご紹介することになります。
一般的には内科療法が基本になります。お薬を飲むことで、体の血管を広げ、血圧を下げたり、心臓の筋肉の変性をおさえたり、心臓の収縮を手助けしたり、肺にたまった液体をおしっことして体の外に出す治療になります。
これらは心臓を治しているわけではなく、負担を下げていることになるので、加齢とともに徐々に悪化したり、体に急激な負担をかけてしまうと、急変することもあり得ます。

僧房弁閉鎖不全で飼い主さんが気をつけること僧房弁閉鎖不全に限らず、心臓病になったら、用法容量をきちんと守って欠かさずお薬を飲ませてあげること、普段から安静を心がけること、味の濃い食事は与えないようにすることが大切です。

  • 月~土 9:00~12:00/16:00~20:00
    日・祝 9:00~12:00/16:00~18:00

  • 夜間診療提携

    F&S Inc.Ltd 動物救急

    ペットの為の救急車『アニマル・ドクター・カー(往診専門車)』で、夜間の診療にも対応。

  • アクセス

なかね動物病院〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-903-3903-1883

なかね動物病院

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-9