犬猫専門
HOME > 診療案内 > 病名別で調べる

病名別で調べる

ワンちゃん、ネコちゃんがかかりやすい病気です。

僧房弁閉鎖不全

僧房弁閉鎖不全は年老いたワンちゃんが一番かかりやすい心臓病です。心臓は筋肉の塊でできていて、それ自体は拡がったり、縮んだりするだけです。

では、なぜ心臓は血液の流れをつくりだし、全身に血液を届けることができるのでしょうか。
それは心臓の中の構造が一本の通り道であり、さらに「弁」とういう、血液が逆戻りできないようにする構造がついているからです。 その通り道に横穴が開いて近道ができてしまったり、道が細くなって通りにくくなったり、弁がしっかり閉まらずに血液が逆戻りしてしまうようになると、心臓の血液を運ぶ機能に障害をきたします。
心臓は4つの部屋に分かれていて、右心房、右心室、左心房、左心室と名前がついています。
全身から帰ってきた血液はまず右心房に入り、右心室に移動してから肺動脈という血管を通って肺に流れ、肺を通ってきれいになった血液は左心房に入り、左心室に移動してから大動脈を通ってまた全身へと流れていきます。

左の心房と心室を分ける弁を「僧帽弁」と呼びます。この僧房弁がうまく閉まらなくなり、血液が左心室から左心房へ、さらには肺の方へと逆流してしまう状態が僧房弁閉鎖不全です。

僧房弁閉鎖不全にみられる症状・左心房の中の血液量が増えるので、左心房が膨らんでしまい、その裏側にある気管を押し上げることにより咳が出る
血液が全身に行きわたりにくくなるので、疲れやすくなる。
・肺から酸素が取り込めず、呼吸困難に陥り、食欲がなく落ち着かずに眠れない、ゼーゼーという苦しそうな呼吸をする、お座りをして首を伸ばす(犬座姿勢)などの症状がみられ、生命の危険にさらされます。

僧房弁閉鎖不全の診断聴診やレントゲン検査、心エコー検査になります。心臓の形の変化や、血液の流れの異常を見つけ出します。

僧房弁閉鎖不全の治療外科手術か内科療法になりますが、外科手術は高度な設備と技術が必要になるため、専門病院をご紹介することになります。
一般的には内科療法が基本になります。お薬を飲むことで、体の血管を広げ、血圧を下げたり、心臓の筋肉の変性をおさえたり、心臓の収縮を手助けしたり、肺にたまった液体をおしっことして体の外に出す治療になります。
これらは心臓を治しているわけではなく、負担を下げていることになるので、加齢とともに徐々に悪化したり、体に急激な負担をかけてしまうと、急変することもあり得ます。

僧房弁閉鎖不全で飼い主さんが気をつけること僧房弁閉鎖不全に限らず、心臓病になったら、用法容量をきちんと守って欠かさずお薬を飲ませてあげること、普段から安静を心がけること、味の濃い食事は与えないようにすることが大切です。

慢性腎不全

特に高齢の猫ちゃんに多い病気です。ペットの高齢化に伴って、頻繁に見受けられるようになった病気の1つです。

腎臓の機能が低下する体に吸収された栄養素を分解したときにできる老廃物や、体内に入ってきた薬物あるいは毒素を尿として体の外に出す役割をしています。他にも、神経の伝達に重要な役割を果たすミネラル類を調整したり、体の中の水分量を調整したり、赤血球を増やすホルモンを出したりと、様々な役割を担っています。
 腎臓はとても繊細な構造をしていて、一度傷ついてしまうとその部分は元には戻りません。
加齢とともに少しずつ傷ついた腎臓が、いよいよ機能を果たせなくなってきた状態を慢性腎不全といいます。

慢性腎不全の初期症状たくさんの薄いおしっこをして、その分のどが渇いてたくさん水を飲むようになります。
これは体の水分量を調整する機能が崩れ、たくさんの水分が体から出ていってしまうことによります。飲んで補える水分量を超えておしっこが出てしまうと体が脱水します。被毛がパサついたり、皮膚の弾力がなくなってきたりします。
 また、出ていかないといけない老廃物が体にたまると、だるさを感じ、元気がなくなったり、食欲が落ちたり、時には吐いてしまうこともあります。

慢性腎不全の症状進行貧血が起きてふらついてしまったり、毒素やミネラルのバランス異常のため痙攣がおき、ついには死に至ります。

慢性腎不全の検査血液検査、尿検査および画像検査(レントゲン、エコー検査)になります。
一般的な院内検査の血液検査では、腎機能が30%を下まわらないと異常値として現れませんが、通常はこの検査で十分に診断が可能です。
もし、症状が疑わしいのに異常値が出ない場合、尿中微量アルブミン測定、内因性あるいは外因性クレアチニンクリアランスなど、もっと鋭敏な腎機能検査を行うこともあります

慢性腎不全の治療方法根治するためには腎臓移植ですが、まだまだ一般的な治療法ではなく、体に入る毒素をなるべく抑えるサプリメントや食餌療法、腎臓の血流を改善させるお薬、腎臓の負担を下げる点滴治療が基本になります。
 確かにこれらの治療法は根治療法ではありませんが、劇的に症状が改善したり、寿命が何年も伸びるという例は少なくありませんので、根気よく治療を続けることが大切です。

胆嚢粘液嚢腫

高齢で、高脂血症を起こしやすいワンちゃんに起こりやすい病気です。高脂血症は、ミニチュアシュナウザーちゃんやシェルティーちゃんのように犬種で起こしやすいこともあれば、高脂肪食の慢性給餌や、甲状腺機能低下症などの病気で起こることもあります。

ワンちゃんや猫ちゃんの肝臓ワンちゃんや猫ちゃんの肝臓は、人の手の形のように、先がいくつかの房に分れ(全部で6葉)、根本でくっついています。
その房の間に挟まれた場所(内側右葉と方形葉の間)に、肝臓からつながる胆嚢という袋がついています。
胆嚢は、肝臓で作られた胆汁という主に脂肪を分解する消化液をため、総胆管とうい管を通って必要に応じて十二指腸に分泌しています。
胆嚢粘液嚢腫は、この胆嚢の中にゼリー状に固まった胆汁が蓄積して、胆嚢炎を起こしたり、総胆管閉塞(総胆管が詰まり、胆汁が流れなくなる状態)を起こしてしまう病気です。

胆嚢粘液嚢腫から起こりうる症状総胆管が詰まると、胆汁が血液の中に逆流して全身を巡り、黄疸(体が黄色くなることで、特に白目の部分で目立ちます)を呈して吐き気と元気食欲不振がみられるようになり、さらに胆嚢炎から胆嚢壁が虚血壊死して胆嚢破裂を起こすと腹膜炎となって、発熱、腹部疼痛や全身の虚脱がみられることもあります。

胆嚢粘液嚢腫の診断血液検査で肝臓の一部の数値(ALP、GGT)が上がっていることや、閉塞を起こしているときは総ビリルビンという値が上がっていることが多いですが、確定はエコー検査で胆嚢の画像を見ることです。
胆嚢の中に、星形やキウイフルーツのような模様が見えるとき、この病気を強く疑います。

胆嚢粘液嚢腫の治療方法お薬の投与や低脂肪食による内科療法か、胆嚢を摘出したり、胆汁の排泄経路を変更する手術を行う外科療法になります。

胆嚢粘液嚢腫の内科療法ウルソデオキシコール酸(利胆剤)、S-アデノシルメチオニン(肝臓の代謝を助けるサプリメント)、抗生剤(ニューキノロン系、メトロニダゾール、ペニシリン系、セフェム系など)がありますが、効果がないケースも多くみられます。
特に、ウルソデオキシコール酸には胆汁排泄促進作用があり、完全に総胆管が詰まっている場合には推奨されない場合もあります。

胆嚢粘液嚢腫の外科手術外科手術の基本は胆嚢自体を取ってしまうことです。
胆汁がゼリー状になってしまう直接の原因が、胆嚢壁の中にある粘液分泌細胞から過剰に粘液が出てしまうことによるものと考えられていて、それを取ってしまえば液がゼリー状に固まらず、直接肝臓から十二指腸に流れてくれるという仕組みです。
ただし、炎症や腫瘍が伴っていて、すでに完全に総胆管が閉塞している場合は、胆嚢の流れを迂回変更するため、胆嚢や総胆管を十二指腸の別の場所につなげる手術が必要になることがあります。
もし胆嚢が破れ、胆汁がおなかの中に漏れ出てしまっている場合は、緊急におなかを開けて洗浄と必要な胆嚢の手術をしないといけません。

胆嚢粘液嚢腫の治療法の選択この病気は、必ずしも全員に症状が出るわけではなく、全く無症状のまま一生を過ごすワンちゃんも少なくありません。このため、治療方針の統一した見解がないのが現状です。どの段階でどの治療方法を選択するべきか、ということがはっきりと決まっていませんので、よくご相談の上、飼い主様と病院が一緒になって治療を進めていくことが大切です。

消化管内異物

消化管内異物の症状「吐く」という症状がある場合には、品種、年齢、性別にかかわらず、「消化管内異物」が原因となっている可能性があります。
広い意味では、口の中に物が刺さっていたり、歯に挟まっている場合でも消化管内異物と言いますが、今回は省略して、食道から大腸にいたるまでの異物についてご説明します。

ワンちゃんネコちゃんが口にする異物「異物」とは、本来あってはいてはいけないもの、のことをさします。消化管の中にあってはいけないもの、つまり「消化できないもの」が消化管内異物となります。
ワンちゃんや猫ちゃんにとって消化管内異物になるものは、例えば石、金属、木、植物の芯、種、ガラス、ビニール、プラスチック、布、ゴム、毛、骨、など様々です。異物が食道にあると持続的な嗚咽、唾液の増加、吐出などの症状がみられ、胃の中にあると間欠的な嘔吐となり、腸内に詰まってしまうと持続的な激しい嘔吐を引き起こします。

異物を飲み込んでしまったら・・・異物が食道にあると持続的な嗚咽、唾液の増加、吐出などの症状がみられ、胃の中にあると間欠的な嘔吐となり、腸内に詰まってしまうと持続的な激しい嘔吐を引き起こします。
異物の閉塞で怖いのは、単純に吐き気が出るというだけにとどまらず、詰まっている部分の消化管が血流不全を起こし、組織が壊死することで細菌が体内に流れ出てショック状態に陥ってしまったり、消化管に穴が開いてしまうと、食道では重度の細菌性胸膜炎、腹部では重度の細菌性腹膜炎を起こし、命の危険性もありうることです。

異物を取り除く治療方法できるだけ早急に異物を取り除くことですが、方法は異物がある場所や異物の種類によって異なります。
食道から胃の中、十二指腸の胃に近い場所で、引っ張っても食道を傷つける可能性のないものであれば、なるべく内視鏡で摘出します。
これならお腹を開かず、傷のない状態で取り除くことができます。
それ以外の場合、つまり異物が十二指腸よりも肛門側に進んだ部分にあったり、食道や胃の中にあっても、異物が尖った固いもので、引っ張ると食道の粘膜を傷つけてしまう可能性がある場合は、手術でお腹を開けて取り除く必要があります。
もしも腸管が壊死している場合には、死んだ腸管ごと取り除き、そのあとに腸管を縫い合わせて吻合しなければいけません。

 取り除くことができれば、症状は通常急速に改善します。ただし、ショック状態に陥ってしまっている場合には、その後も厳重な治療が必要になります。お腹を開く手術をした場合には、腸から食べ物が漏れるのを防ぐために丸2日間は絶食をしないといけないため、しばらくの入院が必要になります。

異物を飲ませないための注意一番大切なことは、ワンちゃんや猫ちゃんに消化できないものを食べさせないことです。
これは時にとても大変な労力が必要になります。
おもちゃは呑み込めるサイズのものは与えないようにすることや、お留守番をさせるときには届く範囲に異物となるようなものを置かないようにすることなどで、日頃から気を付けましょう。

会陰ヘルニア

去勢をしていない男の子のワンちゃんがかかりやすい病気です。高齢になると発症しやすくなる病気です。
猫ちゃんや、ワンちゃんでも女の子や去勢手術を受けている男の子では稀な病気です。

会陰ヘルニアの症状肛門脇の筋肉の間から、直腸、小腸、前立腺、膀胱などが飛び出てしまい、排便困難(しぶり)、便秘、下痢、嘔吐、排尿困難などの症状が現れます。
見た目では肛門の脇がまるで大きなできものができたように膨らむこともあれば、正常な状態とあまり変わらないように見えることもあります。

会陰ヘルニアの原因原因はまだはっきりとは解明されていませんが、一説には雄性ホルモンが肛門脇の筋肉に影響して萎縮させ、筋肉に隙間が生じ、排便や吠えるなど腹圧がかかったときに、その隙間から近くにある臓器が飛び出してしまうことが考えられています。

会陰ヘルニアが進行すると・・・直腸が隙間から出てしまうと、自力ではうまく便を出せなくなってしまい、腸の曲がった部分に便が蓄積して、更に排便困難が悪化してしまいます。膀胱が隙間から出てしまうと、尿道が曲がって尿を出しにくくなり、時に自力では完全に排尿ができず、尿毒症を引き起こしてしまうこともあります。

会陰ヘルニアの治療方法便を柔らかくするお薬を飲んで排便を楽にしてあげたり、力んだ時に肛門脇の膨らんだ部分を飼い主様の手で押してあげることによって排便を介助し、やり過ごすことも可能ですが、基本的にはこのままでは治ることはありません。会陰ヘルニアは、根本的に治療するためにはどうしても手術が必要な病気です。

会陰ヘルニアの手術手術には様々な方法が開発されていますが、どの手術も目的は同じで、肛門脇に開いた隙間を閉じてあげることです。薄くなってしまった筋肉のかわりに、周りの筋肉を寄せてきて縫合したり、人工物を使って隙間に縫い付けたり、精巣を包む膜を肛門脇まで引っ張ってきて縫合する方法などがあります。

どの方法も一長一短があり、どれが一番優れた方法かは言えませんが、当院が採用している方法は内閉鎖筋フラップ、時に半腱様筋フラップといった自身の筋肉を用いて隙間を塞ぐ方法です。雄性ホルモンが原因となっている可能性があるため、同時に去勢手術をお勧めしています。再発の可能性をなるべく低減させるため、お腹を開いて直腸や膀胱、前立腺を元の位置に縫い付けることもあります。

術後はほとんどの場合、スムーズな排便と排尿が可能になります。時に肛門から脱腸する(脱肛)場合もありますが、程度は軽く、一時的なものです。肛門の片側からヘルニアを起こしていた場合、手術後しばらくたって反対側からヘルニアを起こす場合もありますが、その時点で反対側を手術すれば治ります。
手術は全身麻酔になります。この病気にかかるすべてのワンちゃんが全身麻酔をかけられるとは限りませんので、やむを得ず内科療法を選択することもあります。

会陰ヘルニアを未然に防ぐにはこの病気はほとんどが去勢をしていない高齢のワンちゃんに起こりますので、高齢になる前に去勢手術をしておけば未然に防ぐことができる可能性が高いです。
他にも、肛門の周りにできる肛門周囲腺腫瘍や前立腺肥大など、予防できる病気は色々とありますので、若い年齢での去勢手術をお勧めしています。

レッグ・ペルテス病

どんな病気?人の大腿骨頭壊死症と似た病気で、レッグ・カルベ・ペルテス病とも呼ばれる病気です。大腿骨の骨頭と呼ばれる部分(太ももと骨盤との連結部)への血液供給がうまくいかず、骨が変形、壊死してしまう病気です。なぜ血液供給がうまくいかなくなるかは完全に解明されていませんが、骨頭部の血管が細くループ状になっていることや、骨頭部の中で血流を2つに分ける区切りがあり、血流が途絶えやすい構造になっていることが考えられています。小型犬に多く認められ生後1歳未満での発症が多い病気です。

症状について発症すると後ろ足を痛がり、挙上する(足を地面につかない)ことが多いです。そのまま放置すると、痛い方の足の筋肉が徐々に痩せてきます。特に、後ろ足を後方に牽引すると痛みが強くでますので、一つの診断の目安になります。レントゲンを撮ると、通常は丸い形をしている骨頭が、くびれがなくなったり、短くなることで四角い形に変形し、骨密度の不均一な低下がみられます。時に骨頭先端の骨が剝がれるように骨折(剥離骨折)していることもあります。ただし、初期の場合や程度の軽い場合は、レントゲン上であまり変化が出ないこともあります。

治療について症状がごく軽度の場合は痛み止めのお薬でやり過ごすこともできる場合がありますが、この病気のほとんどは、変形、壊死してしまった骨頭を手術で取り除くことが必要になります。骨盤と後ろ足の骨が離れてしまうことになりますが、ワンちゃん(ネコちゃん)の場合は人間と違って4本の足で歩いていることや、骨盤周りの筋肉が発達していることから、しっかりとリハビリをすることで、数か月(1~3か月)で普通に歩けるようになります。ごくまれに、取り除いた骨の端からいびつな骨が再生することがあり、再手術が必要になることがあります。また病気になっていないほうの足も後からこの病気がでてくることがあるので注意が必要です。

レッグ・ペルテス病を未然に防ぐには?

予防法はなく、思いあたる症状がみられた場合は早めに動物病院にご相談ください。

Ⅰ型椎間板ヘルニア

どんな病気?首から尻尾まで節状に連なる骨を椎骨(ついこつ)と呼びます。いわゆる背骨(首や腰骨も含む)のことです。椎骨の中には空洞があって、脊髄神経の通り道になっています。また、椎骨と椎骨の間にはクッションの役割をしている軟骨があり、それを椎間板(ついかんばん)と呼びます。椎間板が変性して固くなり、外部の衝撃が加わることで急激に勢いよく飛び出し、脊髄神経を圧迫してしまうことで生じる病気をⅠ型椎間板ヘルニアといいます。中年齢から高年齢の、肥満したワンちゃんに発症しやすいです。

発症しやすい犬種ダックスフント、シーズー、ペキニーズ、ビーグルなどのワンちゃんは椎間板が変性しやすいといわれていて、他の犬種に比べて発症しやすいとされています。Ⅱ型もありますが機序と症状が少し異なりますので割愛します。(ちなみに「ヘルニア」とは「包まれている状態で組織が飛び出ること」をいいます)

Ⅰ型椎間板ヘルニアの症状について主な症状は、急にキャンといって動かなくなる、震える、腰を丸める、首をすくめる、触ったり抱っこすると痛がる、段差の昇り降りをしなくなるなどです。重度になると麻痺が生じて、後ろ足を引きずったりふらついて歩く、腰をあげられず這って動く、自力で尿が出せない、前足が動かせず横になったまま起き上がれない、などの症状も現れることがあります。いずれも急激に症状があらわれることが特徴です。ごく稀ですが、重度の椎間板ヘルニアがきっかけになって、脊髄神経が進行性に軟化壊死してしまう、進行性脊髄軟化症という病気が発症することもあります。この病気は、どんなに早く椎間板ヘルニアの対処をしても麻痺が進行し、1週間前後で呼吸に必要な神経まで麻痺してしまい、命を落としてしまう恐ろしい病気です。

Ⅰ型椎間板ヘルニアの診断診断は触診で痛みの有無をチェックすることや、足の反射のチェックをして麻痺があるかどうかを確かめることが基本です。年齢、犬種、症状の進行度と合わせて仮診断をします。椎骨の間隔が狭くなっていたり、椎間板が変性して白く写ることもあるため、レントゲンを撮って確認します。レントゲンは脊髄神経や椎間板は通常写りませんので、確定診断はできません。神経の状態をよく調べるためにはMRI撮影の検査が必要で、それによって確定診断になります。ただし、MRI撮影は動物では全身麻酔が必要で、高額な費用がかかるため、簡単にできる検査ではありません。必要なタイミングで的確に判断して検査をしなければいけません。

Ⅰ型椎間板ヘルニアの治療方法治療は、症状や状況によって内科的治療か手術を選択します。症状が痛みだけの場合や麻痺があっても軽度の場合は安静にすることで数週間で自然に回復することも多いですが、痛みやふらつきが強く、食欲が落ちている場合などではお薬で鎮痛剤を飲んだり、温熱レーザーで緩和させてあげる治療を選択します。この治療はあくまで対症療法で、飛び出した椎間板を取り除いているわけではありませんので、自身の治癒力によって回復を期待するものです。そのため、一番重要な治療は安静にすることで、これができないと治らないばかりか、さらに悪化してしまう可能性もあります。麻痺が重度の場合や内科療法での治癒がみられない場合は、MRI撮影をおこない、脊髄のどの場所で病気が起こっているか、脊髄神経はどのような状態か、を確認して手術することもあります。手術では、椎骨に小さな穴を開けて、飛び出した椎間板物質を直接取り除く処置をします。はじめは手術の刺激で麻痺などがしばらく残るものの、リハビリによって徐々に回復することが多いです。しかし、痛覚まで失われるほどの重度の麻痺の場合、手術の甲斐なく麻痺が残ってしまうこともあります。

肥満はこの病気のリスクが上がります。特に発症しやすいといわれている犬種を飼われている飼い主様は太らせすぎに注意しましょう。他にも、階段やソファーなどの段差の昇り降りや、フローリングの床など滑りやすい場所の上を走るなどの行為は、椎骨に負担をかけてしまうので、段差にはスロープやステップをつける、フローリングには滑り止めを敷くなどの対策も予防に有効です。椎間板は軟骨でできていますので、変性しにくいように、軟骨を維持するサプリメントを飲ませてあげることも有用です。

  • 月~土 9:00~12:00/16:00~20:00
    日・祝 9:00~12:00/16:00~18:00

  • 夜間診療提携

    F&S Inc.Ltd 動物救急

    ペットの為の救急車『アニマル・ドクター・カー(往診専門車)』で、夜間の診療にも対応。

  • アクセス

なかね動物病院〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-903-3903-1883

なかね動物病院

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-9