犬猫専門
HOME > 病院案内

獣医・スタッフ紹介

院長 永田貴之

■経歴
東京大学農学部獣医学専攻卒業。
学生時代は病理学研究室に所属し、生体組織の病理診断(生検)の研鑽を積むかたわら、バンドサークルでベースを担当し音楽を楽しむ。
卒業後、同大学付属動物医療センター外科系診療科にて研修生となる。
2年間の研修後、当病院にて勤務医として勤め、2011年より副院長となる。2015年3月付で院長就任。

 

■趣味
音楽、家族サービス

副院長 岡西広樹 

■経歴

日本大学動物病院にて研修医を修了
元同学科獣医内科学研究室専任講師

■趣味

ドライブ

獣医師 平井奈緒子

■経歴

東京大学動物医療センター内科系診療科にて研究生を修了

■趣味

映画鑑賞、フラダンス

獣医師 松本香織 

■経歴

東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻にて博士号取得中

■趣味

散歩

獣医師 菊原章太郎

■経歴

東京大学動物医療センター外科系診療科にて研修生を修了。

■趣味

筋力トレーニング、映画鑑賞

獣医師 鈴木佳奈子

■趣味

海外旅行

■経歴

東京大学動物医療センター内科系診療科にて研究生を修了

施設・機器紹介

なかね動物病院の設備を御案内します。

※画像はクリックすると拡大します

k-img00

ベッセルシーリングシステム

血管や組織を凝固させることで、切断面からの出血を最小限にする器械です。

これを導入してから手術で体内に残す糸の量が格段に減りました。

CO2レーザー

CO2レーザー

皮膚の小さなしこりであれば、CO2レーザーで腫瘤ごと蒸散させるとこともできます。
局所麻酔で可能で、痛みも少なく、体への負担は最小限です。

k-img01.jpg

DR:デジタルレントゲン(CXDI)

レントゲン写真のデジタルカメラ版のようなものです。
従来のレントゲンよりも現像時間が短くなりました。

内視鏡

内視鏡

いわゆる胃カメラですが、胃・小腸・大腸などを内側から観察します。
おもちゃなどを誤飲した時でも、部位や異物の形によってはメスを入れずに摘出できますので、ご相談ください。

超音波診断装置

超音波診断装置

身体に負担をかけずに内臓の様子を詳しく観察できます。
妊娠診断の際にも活躍します。

半導体レーザー

半導体レーザー

関節や椎間板の病気の時に痛みを和らげたり、治癒を促進させます。

生化学測定器   (DRI-CHEM)

生化学測定器 (DRI-CHEM)

肝機能、腎機能、血糖値、蛋白などを検査する機器です。

血球計数器(pocH-100iV)

血球計数器(pocH-100iV)

赤血球、白血球、血小板の種類別の 数や容積などを素早く計算してくれる機械です。 貧血有無や感染症有無などが検査できます。

CRP(急性炎症性タンパク)測定器

CRP(急性炎症性タンパク)測定器

少量の血液により、その場で血球数や肝機能、腎機能などの生化学検査、炎症の度合いをみることが出来ます。

処置室

イミュノAU10V

これまで検査センターに外注していたホルモン系(甲状腺、副腎機能)や肝機能(総胆汁酸)の数値を院内で計測できるため、迅速に(当日)診断できるようになりました。

処置室

コクーンウォーミングシステム

手術中は麻酔のため体温が低下しますが、この機械で均一に温風を送ることにより低体温の予防と低温やけどの防止ができます。

  • 月~土 9:00~12:00/16:00~20:00
    日・祝 9:00~12:00/16:00~18:00

  • 夜間診療提携

    F&S Inc.Ltd 動物救急

    ペットの為の救急車『アニマル・ドクター・カー(往診専門車)』で、夜間の診療にも対応。

  • アクセス

なかね動物病院

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-9